プランニングのコツ教えます!

第1回 ゾーンプランを考える


●ゾーンプランとは..
いよいよ我が家づくりがスタート。まずはプラン全体のイメージをつかむために、ゾーンプランからスタートしましょう。
ゾーンプランとは、部屋の大きさ、位置、組み合わせなどを決めていくために、目的別 に大まかな部屋の配置を考えることです。使いやすさ、重要度などを考慮してつくる、いわばプランのラフスケッチのようなものです。

●パブリックゾーンとプライベートゾーン

ゾーンは部屋の機能によって、パブリックゾーンとプライベートゾーンにわけられます。 例えば、来客の多い家では、パブリックゾーンを充実させたプラン、また、家で仕事をすることが多い場合は、プライベートゾーンを広くとるなど、パブリックゾーンとプライベートゾーンは、その家族によって必要度が変わりますので、家族みんなで話し合うことが大切です。




●ゾーンプランを描くには...
ゾーンプランを描く際、配置を決めるには、動線が深くかかわってきます。動線とは、家事や接客、日常の暮らしでの人の動きのことです。通 常、家事の動線ラインと接客の動線ラインは重ならないようにします。また、キッチンとダイニングとのつながりは当然ですが、水回りをなるべく1ヶ所にまとめて、動線を短くすることも、使い勝手が良くなります。  動線をスムーズにするために、廊下やホールだけで部屋がつなげるのではなく、部屋同士のつながりも良くしたプランのことを、サーキュレーション(循環)プランといいます。 それぞれの家庭の条件に合わせ、家事動線・接客動線の優先されるものを決めましょう。

              
■ゾーンプラン例 (1階をパブリックゾーン、2階がプライベートゾーンにわけたプラン)


■特徴
・水回りがまとまっているので、家事がしやすい
・和室が単独でも、またリビングと一体化して広く使うことができる
・プライベートルームの独立性が高い

●建物の配置もゾーンプランで考える
間取りづくりのベースになるゾーンプランですが、部屋の配置とつながり方と共に大切なのが、家の配置です。
敷地にどのような位置で家が配置されるかによって、駐車スペースや庭の広さ、玄関までのアプローチのとり方、陽射しの採り入れ方も変わります。
ゾーンプランを考えるときは、建物の配置も含めて、トータルに考えておくとよいでしょう。
OBお宅見学会随時好評開催中
当社には豪華なモデルハウスはご用意しておりません。 家を建てていただいたお客様の声が当社の全てです。
サカエ住宅で家を建てた『OBお宅見学会』を随時行っております。
 【注意】事前に予約が必要。お気軽にご連絡下さい。
 
img_contact.gif